大腸内視鏡検査は、大腸の内視鏡検査です。

ガン、ポリープ等の発見に有効です。

痔のある方は、ガン、ポリープがくずれての下血、血便の可能性もあるので検査をおすすめします。

内視鏡検査について

胃内視鏡

大腸内視鏡

当院では胃内視鏡検査は、経鼻、経口どちらも対応しています。

・経鼻内視鏡は苦痛、嘔吐反射が少ないです。

・経口内視鏡検査は従来から行われていますが、経鼻内視鏡より嘔吐反射は若干多いです。

(ごく稀に鼻腔が狭かったり、変形ある方で経鼻が困難な事もあります。) 

 

経鼻内視鏡は基本鎮静剤使用しないので、車、自転車等ですぐ帰宅可能です。

鎮静剤使用も可能です。ご相談ください。

検査は二酸化炭素で、送気し行います。

空気で行う事もありますが、二酸化炭素のほうが吸収がかなり早いので、腹満感はかなり軽減できます。

<大腸検査の手順>

1:検査前日 検査食食べる。

2:就寝前、当日

  朝に腸内洗浄液 1.5-2L摂取

3:来院、腸内空の事確認し、点滴確保後

  検査となります。

4:大腸検査は鎮静剤、鎮痛剤使用しますので

  院内で休んでいただき帰宅となります

​あさぬまクリニック

〒121-0075 東京都足立区一ツ家2-11-12

(電話受付時間:8:45-12:30, 14:45-18:30  土はAMのみ 定休:木・日)

© 2023 by Maple Park Family Practice. Proudly created with Wix.com